「東京薬科大学 卒業生調査」 調査票
(文部科学省 大学教育再生加速プログラム採択事業) 

 2017年9月

◎ この調査は、本学が教育機関としてこれまでに果たしてきた役割を評価するとともに、これからの本学の教育の改善に資することを目的としています。
そこで、①本学における学修経験と卒業後のキャリア形成との関係、②卒業論文研究の効用、③本学の教育において身につけた能力および社会において必要と感じる能力、この3点を明らかにすることを主眼として、「東京薬科大学 卒業生調査」を実施させていただくことにいたしました。

◎ ご意見・ご回答は統計的に処理され、ご回答者のお名前が外部に出ることは一切ございません。
調査の趣旨をご理解いただき、是非ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

東京薬科大学学長  笹津 備規      

T